• ホーム
  • ルミガンのアプリケーターは、正しい使い方を守ることで効果が高まります

ルミガンのアプリケーターは、正しい使い方を守ることで効果が高まります

女性の目

ルミガンはもともと点眼薬として作られているため、容器はそのままになっています。したがって薬剤をまつ毛の根元へつけるとき使い方は、専用のアプリケーターが必要になります。アプリケーターを用いることで、まつ毛の根元という細かい部分へつけることができますし、他の皮膚への付着も避けることができるので副作用が起きにくくなっています。正しい付け方はメイクを綺麗に落として、肌を清潔な状態にしてから塗布して行きます。化粧水や乳液・美容液などのスキンケアを行なった後、ルミガンをまつ毛の根元へ塗布します。

使い方の順番はスキンケアを後から行うとルミガンが、スキンケア用品の水分で流れてしまう可能性があるからです。コンタクトレンズを使用している人は、塗布する前に外す必要がありますし、再度コンタクトを装着するときはルミガンを塗った15分後につけるようにします。専用のアプリケーターは細い筆になっていますが、水平にもち先端に薬剤を1滴垂らします。このとき清潔な小皿やラップなどへ1滴落として、それを筆につけて行えば両目のまつ毛に必要な量が取れます。ルミガンの口がアプリケーターへ触れないようにすることが大切で、触れてしまった場合は中で雑菌が大量発生する可能性があります。

基本滴にアプリケーターは使い捨てで、副作用や眼病を予防するために1回使ったら捨てる必要があります。アプリケーターへ適量の薬剤がついたら、まつ毛の根元に塗って行きますが、アイライナーを引くような感覚で細くつけて行きます。しっかり薬剤をつけるよりは軽く湿る程度につけ、まつ毛の根元へ塗布するようにします。上まつ毛の根元だけに塗り、下まつ毛の根元はその残りがつくためあえて塗布しないようにすることが大切です。目の周りの他の皮膚へ着いてしまったときは、黒ずんで色素沈着が起こったり、産毛が映える可能性もあります。

はみ出したときは柔らかいティッシュやコットンなどで、必ず拭き取ることが大切です。ルミガンを塗布する際はコンタクトレンズを必ず外しますが、ルミガンがコンタクトへ付着すればベンザルコニウムによってレンズが変色する可能性があります。再度コンタクトレンズをつけるときも、15分間は間隔をあけ完全に乾いてから装着します。アプリケーターを正しく用いてルミガンを塗布すれば、効果が出るまで個人差もありますが10日ほどでまつ毛に変化があらわれます。遅い人では効果が出るには数ヶ月かかることもありますが、平均でも16週間ほどで効果が出るとされています。

関連記事
まつ毛の美しいパーマのためには、ビューラーの使用が効果的です 2020年05月23日

アイシャドウやマスカラ・アイライナーなどを使うとともに、まつ毛をカールさせることは必須です。まつ毛をカールさせることで、目元の印象が変わりますがそれにはパーマやビューラーなどの方法があります。メイクが初心者の人で基本的な使い方がわからないこともあり、目頭・目尻の部分が綺麗に上がらないこともあります。...

まつ毛の育毛に関しては、食べ物の関連性が指摘されています 2020年04月25日

まつ毛の育毛に効果がある食べ物は大豆製品で、特にケラチンを多く含む大豆類の中でも発酵食品である納豆は効果が高いです。ケラチンの他にも亜鉛など他の栄養素も含まれているので、まつ毛を伸ばすためには最適な食べ物です。納豆を食べる時間帯は夕方がベストで、人の様々な細胞は夜寝ている時に、活発に働くため肌の再生...

まつげ育毛剤とまつ毛美容液の違いを知ることで、美しいまつ毛を目指せます 2020年04月22日

まつげ育毛剤とまつ毛美容液は似ているようで、大きな違いがあり使う目的も異なります。まつ毛美容液に使われている成分は、まつ毛に対してハリやコシを与える効果があるヒアルロン酸が配合されます。育毛に必要な成長ホルモンを分泌させる効果がある褐藻エキス、潤いを与えながら保湿をするコラーゲンなどのナチュラル成分...

ルミガンを通販で購入することで、お得な上に煩わしさがありません 2020年04月17日

ルミガンは国内では医薬品なので薬局・ドラッグストアでは取り扱われておらず、病院へ行き処方してもらう必要があります。また国内の通販サイトでも購入することができませんが、個人輸入通販サイトであれば正規品を海外から購入することができます。個人輸入をするといえば難しそうに聞こえますが、手続きは国内通販と大き...